リンパマッーサージ 痛い

痛い位が効果があるリンパマッサージ

スポンサーリンク

 リンパが流れる管は血管の隣にありますがそれよりも更に細かいともされていますが、これだけ張り巡らされている割には血液の様に心臓やその他の機能によって強制的に押し流すと言う機能は持っていないのです。

 

それ故にある意味では流れが滞り易いので定期的にリンパマッサージ等をやるのが理想ではある物の、その場所を把握した上で行わないと大して効果は無いので気を付ける点もあります。

 

特に長年放置してきた様な人は場所によっては軽くリンパマッサージをした程度では変化が見られないので、痛いと感じる程に強く行う様にしないと意味を成さない事もあります。

 

とは言え痛いほどリンパマッサージは良い分けでは無く必ず適切な位置に沿って行う事が重要であり、その上で適度に痛みが伴うならば効果があると考える事もできます。

 

その意味では無理に力を入れて神経を圧迫して痛いと感じている場合は不適切でもありますので、やり方その物は勘違いしない様に注意する必要もあるのです。

 

スポンサーリンク

リンパマッサージは一見すると簡単であり場所さえ分かれば確かに誰でもできますが、ただやってしまっては不都合な面も出るのでやり方その物にも気を付ける必要があります。

 

例えば下準備も大事とされており体を温めてリンパ管を広げるという事も大事なので、対象となる部位を何かしらの手段を持って体温を上げる様にしてやると効果が出易くもなるのです。

 

また同様の効果を得る方法として水を適度に飲むのやり方があり併用すると良く、それとは別にクリームやオイルと言う物も前もって準備しておくのも重要となります。

 

リンパマッサージは基本的に自分の指を使った方が何かと都合が良いのですが、どうしても摩擦が避けられないのでクリーム等を利用してそれを解決してやる必要もあるのです。

 

クリーム類は単に肌の表面を摩擦から守るだけでは無く滑る事によってリンパの流れを良くもしますので、相乗効果と言う意味でも良い物となるので活用した方が良い結果を得られます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

リンパマッサージの効果を高める部位
リンパマッサージやリンパ節・リンパ浮腫・リンパ球・リンパ腺などあれこ
リンパマッサージとセルライトスパッツの効果
リンパマッサージやリンパ節・リンパ浮腫・リンパ球・リンパ腺などあれこ