リンパマッーサージ 資格

リンパマッサージの資格を取るには

スポンサーリンク

リンパマッサージはその名の通り、リンパを刺激して身体の老廃物を流して浮腫みや凝り、痛みを取り除くマッサージです。

 

比較的新しいマッサージ法ですが、本来持っている身体の自然治癒力で不調を改善させる事が出来る上にリラクゼーション効果もあるため、女性を始め非常に人気があります。

 

リンパがスムーズに流れると免疫力が高まる事で病気の予防になったり、健康な身体を維持出来たりと、最近では医療業界からも注目されています。

 

そのため、全国各地に多くのリンパマッサージを受けられるサロンがあります。

 

このように需要が高まっているリンパマッサージですが、実際にリンパマッサージを仕事で行うには何か特別な資格が必要なのでしょうか。

 

基本的にリンパマッサージの資格は民間の物で、非常に多くの種類があります。

 

専門の学校に通うか、通信教育で取得する事になりますが、どちらの場合も実技は必須です。

 

それでは費用や種類、難易度について詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

リンパマッサージを行うためにはリンパドレナージストやセラピストと呼ばれる民間資格を取得する必要があります。

 

国家資格と違い、費用や難易度も様々なので自分に合った取得方法を探していきましょう。

 

初心者の方には通学がオススメです。

 

通信教育に比べて費用が高く期間も長い事が多いですが、その分必要な知識や技術をじっくり学ぶ事が出来ます。

 

実技に関しても学校内の講座の一環として行われていたり、資格取得後の就職先の斡旋などを行っている学校もありますので、将来的に仕事としてやっていきたいと考えている方はそういった所を選ぶと良いでしょう。

 

通信教育の場合は期間も短く、比較的安価で受講する事が出来ます。

 

エステサロンや医療関係ですでに働いており、ある程度の知識を持っている方や時間のない方にオススメです。

 

また、資格取得後に趣味でセルフケアを行いたいと言う方は通信教育で充分でしょう。

 

仕事に生かす場合はどちらの場合も、その後サロン等に就職して実践を積み、スキルアップをすると言った流れになります。

 

興味のある方は是非、一度調べてみてくださいね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加