癌 リンパ 転移 生存率

癌のリンパ液による転移の関係と生存率について

スポンサーリンク

転移とは癌細胞が増殖を続けることです。

 

そうして正常な周辺組織や臓器に影響を及ぼしていきます。

 

癌細胞は血液から正常な臓器が必要な栄養を奪っていき、血液やリンパ液を利用して転移・再発を引き起こします。

 

癌が進行するたびに身体は栄養を奪われ、衰弱していきます。

 

そして生体機能が衰え、生命維持が困難になる状況まで陥った場合を末期がんと言います。

 

主に発生しやすい種類としては肝臓・膵臓・食道・膀胱・直腸癌があります。

 

転移しやすい臓器に関しては肺・肝臓・骨・リンパ節があります。

 

また転移・再発の種類によっては治療のしやすいものとしにくいものがあり、これが生存率に関わります。

 

リンパ組織は全身を通っているため、悪性リンパ腫は転移しやすく白血病への移行や脳への転移もありえます。

 

このため最初の発生の場所や種類がとても重要になります。

 

しかし多くは治療できるものであり、早期のものであれば治ります。

 

治らない病気ではなく、治る病気なのです。

 

スポンサーリンク

治療効果の目安にもなる、予後を数値的に表現したものとして5年生存率があります。

 

治療を開始して5年後に生存する割合を示す指標で、一般に治療効果の判定に使用されるものです。

 

これが高いほど治療効果が得られやすいとみることができます。

 

癌は進行度が低い方からステージ1〜4に分けられています。

 

主立った癌の中でもステージ1の5年生存率が低い肝臓などで約50%、高い結腸などでは90%もあります。

 

このことから早期発見早期治療が望まれますが、初期症状がほとんどなく知らないうちに末期になっているケースが多いのです。

 

発生した部位によっても症状の出方は異なりますが、大腸など広い空間にできるとかなり大きくなるまでまったく症状が出ないこともあります。

 

逆に食道や声帯など狭い空間にできると、初期から痛みや声の変調といった症状が出やすいのです。

 

よって軽い不快感や体調不良が長く続いた時、体重減少や疲労感があるときには検診に行くことや、医師の診察を受けることが重要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

淋巴癌(リンパガン)になったら飲食はどうしたらよいか
リンパマッサージやリンパ節・リンパ浮腫・リンパ球・リンパ腺などあれこ
淋巴癌の第四期の存活率について
リンパマッサージやリンパ節・リンパ浮腫・リンパ球・リンパ腺などあれこ
淋巴癌の第三期の症状と治療について
リンパマッサージやリンパ節・リンパ浮腫・リンパ球・リンパ腺などあれこ
淋巴癌の第四期について
リンパマッサージやリンパ節・リンパ浮腫・リンパ球・リンパ腺などあれこ
癌がリンパに転移した場合の余命は
リンパマッサージやリンパ節・リンパ浮腫・リンパ球・リンパ腺などあれこ