淋巴癌 第四期 存活率

淋巴癌の第四期の存活率について

スポンサーリンク

 癌といいますとイメージでは不治の病であったり、とても怖いものであるといったものではないでしょうか。
昨今の医学は急激な進歩を遂げ、癌の完治の可能性は大幅に上がりました。
たしかに怖いし難しい病気ではあると思います。
しかし治るものですので知識を蓄え癌と向き合ってみましょう。
淋巴癌をテーマに第四期の症状と治療方法、そして存活率を見ていきましょう。
淋巴癌とは血液の癌という認識でいいです。
体に現れる症状は、リンパ節が癌になる事で脇の下、首、股の付け根といった辺りが腫れあがったり、固いシコリの様なものができたりします。
個人差はありますが、リンパの付近が腫れるだけで他には何の症状もでないという人も多いです。
症状が出る場合ですと熱がで続けたり、風邪の様な症状が長く続いたり、倦怠感や体重の減少といった症状が出る事もあります。
体に違和感を感じた時点で速やかに病院に行くという判断ができるとリスクは大幅に減ります。
淋巴癌は2つに分類されます。
ホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫というものです。
どちらも悪性ですが5年後の存活率に違いがあります。

スポンサーリンク

淋巴癌の進行度は4つに分類されます。
第一期は一か所のリンパ節に癌が留まっている状態です。
第二期は体を横隔膜を境に上半身と下半身の2つのエリアに分け、どちらか片方のエリアに癌が2つ以上ある状態です。
第三期は2つのエリアに癌がある状態です。
第四期は臓器や骨髄に癌が転移したり最初にできたリンパ節から遠く離れた場所にも癌が転移している状態です。
治療方法はどの段階であっても主に放射線治療と抗がん剤治療です。
淋巴癌や白血病といった血液の病気は性質上どうしても治療方法はだいたい同じになります。
癌治療には存活率というものがあります。
これは癌の手術を終えてから5年後の生存率を表します。
淋巴癌の第四期の存活率は、ホジキンリンパ腫ですと約40%から60%、非ホジキンリンパ腫ですと約50%から65%です。
癌は昔と違い治る様になってきました。
それが仮に発見が遅かったとしても半分くらいの確立で治るのです。
しかし、できるならば初期に発見し高確率で完治させたいものです。
そのためにも定期的な健康診断をするという事は大切です。
また、体に違和感や異変を感じたならば速やかにお医者様に相談する事もとても大切です。
何も問題がなければそれでいいのです。

もしもの時に早期発見と早期治療はリスクを大幅に減らす事ができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

淋巴癌(リンパガン)になったら飲食はどうしたらよいか
リンパマッサージやリンパ節・リンパ浮腫・リンパ球・リンパ腺などあれこ
淋巴癌の第三期の症状と治療について
リンパマッサージやリンパ節・リンパ浮腫・リンパ球・リンパ腺などあれこ
淋巴癌の第四期について
リンパマッサージやリンパ節・リンパ浮腫・リンパ球・リンパ腺などあれこ
癌のリンパ液による転移の関係と生存率について
リンパマッサージやリンパ節・リンパ浮腫・リンパ球・リンパ腺などあれこ
癌がリンパに転移した場合の余命は
リンパマッサージやリンパ節・リンパ浮腫・リンパ球・リンパ腺などあれこ