リンパ球 分離溶液

分離溶液を使いリンパ球を活性化する方法について

スポンサーリンク

 リンパ球は白血球のひとつであり、免疫において、機能の中心的な役割を持っています。
リンパ液中や、血液中にあり、全身を巡り外敵の侵入がないかをチェックしています。
病原菌などの外敵が侵入していることを発見すると、攻撃をし、体を守っています。
リンパ球にはいくつか種類があります。
代表的なものは3つあり、NK細胞、T細胞、B細胞です。
T細胞は、骨髄で作られた後に胸腺に運ばれます。
そこで、免疫細胞としての能力のあるものだけが残されます。
T細胞は大まかに2種類あり、ヘルパーT細胞は、B細胞とキラーT細胞を活性化させ、攻撃などの指示を出します。
キラーT細胞は、ウィルス感染した細胞や、ガン化した細胞を攻撃します。
B細胞は、ヘルパーT細胞の指示により、抗体を作り出します。
外敵の侵入の情報を得たヘルパーT細胞はキラーT細胞を増殖させ、侵入場所や感染した場所に向かわせたり、B細胞には異物を捕まえる指示を出すなど、T細胞とB細胞は複雑に連携して免疫機能を働かせています。

スポンサーリンク

 

NK細胞は、ナチュラルキラーの略です。
NK細胞は単独で体内をパトロールし、病原菌や悪性化した細胞を攻撃します。
NK細胞の活性が強いほど、ガン細胞に対して攻撃力を持っています。
NK細胞の攻撃力の特徴は、外敵だけではなくガンなど、自分の細胞が悪性化してしまったものも攻撃できることです。
ただ、活性はガンを患っていたり、加齢などの原因で弱くなり攻撃力自体も弱くなってしまいます。
そこでリンパ球を分離溶液を用いて採取し、培養する治療法が出てきました。
血液と専用の分離溶液を円心分離するとリンパ球だけを採取することができます。
分離溶液を使うことで、比重の違いからリンパ球だけ採取できます。
採取したリンパ球を培養、活性化し、体内に戻します。
ANK免疫細胞療法というものがあり、培養、活性化したリンパ球を体内に戻すことで、体内で眠っていたNK細胞や、ヘルパーT細胞も活性化するという効果があります。
このような高度な治療法も出てきています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加