異型リンパ球 原因

リンパ球が異型リンパ球に変化する原因について

スポンサーリンク

 人体には外界から侵入を試みる病原体に対し、それを排除する働きを持つリンパ球が存在します。
これは血液を構成している成分である白血球のうち、約35%を占めています。
その中でも異型リンパ球は、通常のリンパ球が形を変えたものです。
形を変えたリンパ球には異常リンパ球と異型リンパ球の2種類があります。
異常リンパ球は腫瘍の撃退を役割としているのに対し、異型リンパ球は外敵から受けた色々な「刺激」によって活性化されるものです。
この2種類を識別するのは重要なことですが、判断が難しいため細胞表面マーカー検査などが行われています。
では、どのような条件が揃った場合に異型リンパ球が見られるのでしょうか。
その原因となる病気をいくつか見て行きましょう。
代表的な原因は「伝染性単核球症」です。
これはEBウイルスに感染することで発症します。
しかし実際には自覚症状がないまま思春期に感染して抗体が出来ます。
ここで抗体が作られなかった一部の人の場合のみ、急性感染して伝染性単核球症の症状が現れます。

スポンサーリンク

 

では、どのような症状が見られるでしょうか。
典型的なものとしては発熱・頸部リンパ節腫脹・喉の炎症・肝機能障害などが挙げられます。
これらはウイルスに感染した数日後(発症後急性期)に末梢血中で異型リンパ球が認められます。
伝染性単核球症は経口感染するため、通称「キス病」とも呼ばれています。
その他にも末梢血中に異型リンパ球が現れる原因として、薬物アレルギー・結核・自己免疫疾患・肝炎・大量の輸血を必要とする心臓病の術後・サイトメガロウイルス感染・ヘルペスウイルス感染・ウイルス性肺炎などがあります。
このように異型リンパ球は何らかの病気や異常がある時に現れるものですが、実は健康な状態にあってもリンパ球全体の3%未満は血中に含まれています。
さらにリンパ器官が未熟で刺激に敏感な乳幼児の場合には、健康であっても成人より高い数値が見られることが一般的です。
しかしながら、このように形を変えたリンパ球が発見されるということは何がしかのウイルスに感染している可能性が高いため、詳しい検査を受けることが賢明です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

異型リンパ球の正常値について
リンパマッサージやリンパ節・リンパ浮腫・リンパ球・リンパ腺などあれこ