リンパ球とは 簡単

リンパ球とはどういうものかという簡単な説明

スポンサーリンク

 リンパ球とは体の中にある免疫機能の一つのことをいい、簡単にいえばこの機能によって人間の体は健康な状態を保っています。
ただその内部の関係は非常に複雑になっていて、未だに解明されていない部分もある複雑なものです。
リンパ球とは体の内部の免疫を管理するものですが、この成分には大きく分けて2つのものがあります。
ひとつはB細胞と呼ばれるタイプのもので、このタイプの細胞は自分では攻撃をすることがありません。
そのかわりに細菌などを発見する機能が高いので、そういうものを見つけて攻撃をする準備をする能力を持ちます。
もう一つのT細胞と呼ばれるものは攻撃をする機能もあり、B細胞と協力をして内部に入ってきた細菌などを攻撃します。
またNK細胞と呼ばれる非常に強力なものもあり、この細胞は外部から来た異物を攻撃する能力が高いです。
このNK細胞はがん細胞でも攻撃して倒すことができるので、医学的にも非常に重要なものだといわれています。

スポンサーリンク

 

リンパ球とは簡単にいえば体の免疫機能を高めているものですが、その動きは簡単ではなくかなり複雑です。
このリンパ球は単体で外部からの攻撃を防ぐのではなく、他の白血球などと協力をして撃退をしようとします。
そのため他の白血球がどのような働きをするのかも重要になっており、そういう働きによって健康状態がわかることがあります。
このリンパ球は健康検査で調べられることがありますが、それはこういう免疫機能について調べる必要があるからです。
リンパ球は体の中にある程度存在している必要があり、それが正常値ならば問題がないということになります。
しかしもし数値が非常に高かったり低かったりする場合は、何らかの異常が発生していることになるので注意が必要です。
またこのリンパ球は他の白血球と相関関係を持つことがあり、リンパ球が増えることによって減る白血球もあります。
そして逆に特定の白血球が増えることによって、リンパ球が減ることもあるので色々ややこしい所をもっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加