リンパ球 増やし方

生活習慣の改善を通じたリンパ球の増やし方

スポンサーリンク

 人間の体が免疫によって守られていることは、多くの人が知っています。
花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状は、この免疫システムが暴走し自分自身の体を攻撃することで発生します。
時には厄介者扱いされる免疫システムですが、細菌やウイルスから体を守るためには絶対に欠かせない身体機能なのです。
免疫システムの中で細菌やウイルスなどの異物と戦っているのは、多くの種類からなる白血球たちです。
半数以上は好中球などの顆粒球で、特に細菌が体内に侵入しようとする際に大きな力を発揮しています。
顆粒球に比べると数は少ないですが、リンパ球はさらに高度な免疫システムの担い手です。
顆粒球は細菌より小さなウイルスの侵入に対して、ほとんど効力を発揮できません。
風邪やインフルエンザに感染した際、その原因となるウイルスと戦う主力はリンパ球に他ならないのです。
このリンパ球にもいくつかの種類があって、それぞれ性質や役割が異なります。
中でも最も強い攻撃力を発揮するのがNK細胞です。
NK細胞は血流を通じて体内を警備しており、自分自身の細胞でないと認めた異物に対して無差別に攻撃します。
こうした自然免疫を担うNK細胞に対して、B細胞やT細胞はより高度な獲得免疫の担い手です。
一度侵入した異物の特徴をB細胞が抗体の形で記憶します。
ヘルパーT細胞がB細胞に抗体を作らせてキラーT細胞にその情報を伝え、再度侵入した異物を攻撃しているのです。

スポンサーリンク

 

このようにリンパ球は二重三重の防御システムを組んで、異物から体を守るのに役立っています。
しかしながらそうした機能も、体内で十分な数が作られていればこそ発揮できるのです。
感染症などにかかって数多くのウイルスが体内に侵入している状況では、これと戦ったリンパ球が鼻水や痰などに混じって大量に排出されてしまいます。
白血球は栄養不足やストレスが原因でも数が減ってしまい、免疫力が低下した状態に陥るのです。
リンパ球を含めた白血球の増やし方としては、十分な休養を取って免疫力を回復させる方法がまず挙げられます。
睡眠不足や過労によって体力が低下してくると、どうしても白血球の製造が追いつかなくなるのです。
免疫力が低下していると風邪もひきやすくなります。
同じように細菌やウイルスが体内に侵入しようとしても、休養十分の体であれば白血球の数に不足はないので撃退できるのです。
白血球の増やし方として次に挙げられるのは、食事の工夫です。
たんぱく質や野菜などの栄養を十分に摂取することにより、白血球の材料も確保されます。
食事で必要量が摂取できない栄養素があれば、サプリメントで補うような工夫をするといいでしょう。
活性酸素は白血球に限らずあらゆる細胞にダメージを与えます。
野菜や果物に多く含まれるビタミンは抗酸化作用を持っており、白血球に有害な活性酸素を除去してくれます。
休養と栄養補給が最も効果的なリンパ球の増やし方なのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

リンパ球を増やすには生活習慣から
リンパマッサージやリンパ節・リンパ浮腫・リンパ球・リンパ腺などあれこ
リンパ球を増やすのに役立つ食べ物
リンパマッサージやリンパ節・リンパ浮腫・リンパ球・リンパ腺などあれこ