リンパ球 少ない 原因

血中のリンパ球が少ない原因とは

スポンサーリンク

 リンパ球とは、体内に侵入したウイルスと戦う白血球の中に含まれる成分の一種です。
血液検査を受けると、白血球の中にどれくらいの割合で含まれているかがパーセンテージで表示されます。
健康な場合の基準値は21〜45%で、これは多い場合も少ない場合も体内で何らかの異変が起きています。
ではリンパ球が少ない状態(リンパ球減少症)とはどのようなことかと言えば、それは免疫機能の低下を意味しています。
つまり感染症にかかりやすい状態にあるということです。
では何故、リンパ球は少ない状態になってしまうのでしょうか。
その原因は多数あります。
まず最も一般的で身近なものとしては風邪やインフルエンザが挙げられます。
この場合には白血球内にある別の成分(好中球)が増えており、それが発熱や粘膜の炎症という形で表面化しています。
このような場合だけでなく、原因は沢山ありますが最も大切なことは減少した分を元に戻すことです。
血中濃度が正常になっていることが健康の証なのです。

スポンサーリンク

 

では、リンパ球を減らしてしまう原因の中でも特に影響力の大きいものをいくつか挙げてみましょう。
まずは栄養不足です。
またHIV感染も大きな割合を占めています。
前者に関しては、規則正しく栄養のある食事をすることが何よりの薬です。
これに対して後者の場合は、抗ウイルス薬を投与しなければなりません。
その他、現代人にとっては万病の元であるストレスも重要な原因です。
自分なりのストレス解消法を見つけ、リラックスする時間を持って自律神経のバランスを整えることが現代社会の課題と言えます。
さらに専門的で厄介な原因を探ると、白血病やリンパ腫などの悪性腫瘍、関節リウマチ、癌に対する化学療法や放射線治療、全身性エリテマトーデスなどがあります。
また、これらの中で多くの割合を占めるものとして遺伝性免疫不全疾患があります。
このような場合にはリンパ球が減少することによって免疫力が低下し、それによって症状が重くなればますますリンパ球は減少するという悪循環が生まれてしまうです。
このように原因が多様にあるため、それに対する治療法もまた多様にあります。
例えば簡単なところでは抗生物質・抗真菌薬・抗ウイルス薬・抗寄生虫薬の投与、より高度な治療となると幹細胞移植や遺伝性免疫不全疾患に有効なガンマグロブリン製剤の使用などが行われます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

血液検査を行ってリンパ球が低い場合
リンパマッサージやリンパ節・リンパ浮腫・リンパ球・リンパ腺などあれこ
血液検査でリンパ球が少ないと分かったらやることがある
リンパマッサージやリンパ節・リンパ浮腫・リンパ球・リンパ腺などあれこ
白血球内にあるリンパ球の働きと低いことによる病気の可能性
リンパマッサージやリンパ節・リンパ浮腫・リンパ球・リンパ腺などあれこ
リンパ球が減少している原因
リンパマッサージやリンパ節・リンパ浮腫・リンパ球・リンパ腺などあれこ
血液中のリンパ球数値が低い原因と対処法
リンパマッサージやリンパ節・リンパ浮腫・リンパ球・リンパ腺などあれこ
リンパ球が低値の原因と対策
リンパマッサージやリンパ節・リンパ浮腫・リンパ球・リンパ腺などあれこ
リンパ球の数値が低いと免疫機能が低下している
リンパマッサージやリンパ節・リンパ浮腫・リンパ球・リンパ腺などあれこ
リンパ球が低い時に考えられる病気
リンパマッサージやリンパ節・リンパ浮腫・リンパ球・リンパ腺などあれこ