好中球 増加 リンパ球 減少

好中球の増加とリンパ球の減少について

スポンサーリンク

 白血球とは体に問題が生じてしまっている際にその問題を解決してくれる働きをしてくれます。
具体的にどのようにして問題を解決してくれるかというと炎症やアレルギー症状、感染症などになっています。
白血球にはいくつかの種類が存在しています。
ですが、それぞれが解決してくれる問題が異なってくることになります。
白血球の一つでもある好中球に関しては、細菌を撃退してくれるために働いてくれていますし、リンパ球の場合は、ウイルスを撃退してくれるために働いてくれています。
そして、これらの好中球やリンパ球は、問題を解決していくために増加したり、減少したりすることがあります。
例えば、体が細菌感染を起こしてしまった場合、細菌を撃退していくために体は好中球を多く作っていくことになります。
ウイルスに感染してしまった場合、それを撃退していくことによってリンパ球の数は減少していくことになります。
好中球は白血球の一部になっているので、これが増加していくことによって白血球増加となってきます。

スポンサーリンク

 

リンパ球の量というのは、基本的には白血球中のパーセンテージで示されることになります。
ですので、好中球増加により、白血球増加が生じてくると増加していないリンパ球のパーセンテージは減少していくことになってきます。
つまりは血液検査の結果では、白血球が増加しているのにリンパ球は減少となっていたとしても、実際に減っているとは限らないことになります。
全体に対しての割合が減ってしまったというだけであり、そのもの自体はしっかりと存在していることになってきます。
ですので、好中球が増えている原因は、ほとんどの場合が細菌感染になってきますが、これが解消されていくことによって、リンパ球が減ってしまうという状態も改善していけることになってきます。
ですが、減ってしまうことによって、ガンやエイズなどの病気が原因になっている場合もあります。
ですので、その可能性があるのなら原因を明らかにしていくためにも検査が行われることになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

好中球が高い場合でリンパ球が低い時は感染や炎症の可能性がある
リンパマッサージやリンパ節・リンパ浮腫・リンパ球・リンパ腺などあれこ
リンパ球や好中球が多い状態や少ない状態について
リンパマッサージやリンパ節・リンパ浮腫・リンパ球・リンパ腺などあれこ
好中球とリンパ球の比率が私たちの健康に与える影響とは
リンパマッサージやリンパ節・リンパ浮腫・リンパ球・リンパ腺などあれこ