リンパ球 少ない 好中球 多い

リンパ球や好中球が多い状態や少ない状態について

スポンサーリンク

 血液の中には白血球があって、顆粒球とリンパ球に分けられることになります。
さらに、顆粒球は、好中球や好酸球、好塩基球の3つに分類することができます。
顆粒級のうち大部分を占めていることになるのが、好中球となっていて、細菌と戦ってくれて外敵から身体を守ってくれる働きをしてくれます。
リンパ球の場合は、ウイルスと戦ってくれる免疫機能の役割をしてくれます。
これらは血液検査を行うことによって数値を把握することが可能になっています。
血液検査を行って数値を確認する際に基準値に満たなかったり、超えてしまっているという場合もあります。
好中球が多い場合は、細菌に感染してしまっている可能性や急性の炎症、逆に少ない場合は、アレルギーや自己免疫疾患の可能性が出てきます。
リンパ球が多い場合には、リンパ性白血病や急性ウイルス感染などの可能性があり、少ない場合は、栄養失調にエイズ、薬物に対する反応である可能性が出てくることになります。

スポンサーリンク

 

好中球が多い状態であり、リンパ球が少ない状態であるときの対処法としては、これらの数値の異常を引き起こしてしまう原因を特定することが重要になってきます。
薬物が原因であるならば、その薬物の投与を中止するようにしたり、アレルギーである場合ならその原因になってしまっている物質との接触しないようにするなどして注意します。
こうしていくことによって身体の機能も回復してきて、数値が自然に戻ってくれる場合もあります。
また、細菌感染や炎症などが見つかってしまった場合には、それらの疾患を治療していくことが大切です。
ストレスが溜まってしまっている場合は、ゆっくりと休んで、適度な運動を行ったり、趣味などで気分転換を図って、必要であるならば精神科や心療内科などを受診して心理療法や投薬治療を受けるようにしましょう。
数値そのものを改善していくというよりは、原因になってしまっている疾患に対応していきながら回復していくことに取り組むことが重要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

好中球が高い場合でリンパ球が低い時は感染や炎症の可能性がある
リンパマッサージやリンパ節・リンパ浮腫・リンパ球・リンパ腺などあれこ
好中球の増加とリンパ球の減少について
リンパマッサージやリンパ節・リンパ浮腫・リンパ球・リンパ腺などあれこ
好中球とリンパ球の比率が私たちの健康に与える影響とは
リンパマッサージやリンパ節・リンパ浮腫・リンパ球・リンパ腺などあれこ